「最安」の直葬プラン、火葬プランとは?

お葬式を安くするために知っておきたいことをまとめました。

こんにちは。

ここでは、お葬式の費用を抑える方法の一つとして、

お葬式でカットできる部分はカットしていこう、というお話をしていきます。

 

そこで最近注目されているのが「直葬」あるいは「火葬式」と呼ばれる、

お通夜や告別式を行わないお葬式です。

 

直葬ってどうして最近人気があるの?

このタイプのお葬式が注目されている背景には「お葬式を安くあげたい」という以外に、

「参列者が見込めない」、あるいは参列者自身も高齢のため

「お葬式に参列するのは体力的に厳しい」という現代ならではの事情があるようです。

さてそんな直葬というお葬式スタイルですが、ざっくりいうと

遺体を安置し、火葬直前に最期のお別れをして火葬する・・・

という非常にシンプルなものです。

 

通夜・告別式は行わず、さらに葬儀社のプランによっては

安置している段階で面会はできません。

 

直接火葬場へ行くから直葬と言うのですが、

この呼び方に抵抗のある方も少なくなく、火葬式と呼ぶこともあるようです。

 

直葬のメリットは?

まずは安い!

ということです。

お葬式をするのに必要最低限なことだけをやるのですから当然ですね。

 

お葬式の費用というのは、前もって充分に用意できるならそれに越したことはないのです。

ですが長年の介護費用の負担など、現実問題として、

どうしても費用はおさえないと厳しいという方も多くいらっしゃるのです。

自治体からの補助が出るとはいえ、一旦は葬儀費用を支払わないといけませんから。

※補助金について詳しくは

お葬式に補助金が出るって知ってた!?葬祭・埋葬費の支給制度とは?

お葬式に補助金が出るって知ってた!?~年金のハナシ~

を参照してください。

 

 

もう一つのメリットは

「お葬式の時間短縮」

です。

 

高齢化社会ということで、参列者の平均年齢も高い傾向にあります。

従来のように通夜、告別式をやるお葬式では体力的に辛い方もいらっしゃいます。

直葬であれば、従来のいわゆるお葬式のように数時間、あるいは何日にもわたって

参列しなければならないといったこともありません。

 

また、短時間とはいえ故人のお顔を最後に見ることもできます。

葬儀社にもよりますが、故人と触れ合う時間もとることは可能です。

 

このように、直葬は費用の面だけでなく、参列者側の立場に寄り添ったスタイルであると言えます。

直葬のデメリットは?

いわゆる一般的にイメージされるお葬式とは違うため、

周りからの理解が得にくい

ことです。

 

ちゃんとお葬式やらないとダメだろう、

と考える方はまだまだ多くいらっしゃいます。

 

実際、この直葬に関するトラブルで多い事例が、

なかなか周りの方からの理解が得られなかったというものです。

後日親族から叱られた、なんて話もよくあります。

直葬にしようと思われたら、参列予定が見込まれる親戚やご近所の方へ、

あらかじめ事情を説明しておくと良いでしょう。

 

ここをしっかりしていないと、後日「最期に顔を見たかった」と苦情を言われたりします。

また、亡くなったことを知った方々が、後で訪ねて来られることもあります。

もちろん訪問される方が悪いわけではありませんが、

だからこそ個別にお返しなども含めて対応しなければならない遺族の負担は相当なものです。

 

ですから、直葬をすると決めたなら

きちんと連絡をしておきましょう。

 

その際のポイントは

故人の遺志で直葬にする」

とハッキリ言うことです。

もちろん、香典等も辞退することを明示しておくことが大事です。

 

これを曖昧にしていると、先ほどのように

個別訪問やお返しへの対応に追われる日々が続きます。

 

直葬が向いてない人もいます

先ほど、周りの人に「故人の意志により、弔問・香典お断り」と伝えるべき、と書きました。

 

ですが、それでもクレームをつけられる可能性はあります。

「私に会いたくないのか!」なんて言ってきたり。

弔問に来られることもあるかもしれません。

あなたが「いやいや、故人の意思でお断りって伝えましたよね。」ってきちんと言えるなら良いのですが、

そうじゃない人は、直葬は向いていないかもしれません。

 

ちなみに、直葬を嫌がる葬儀社もあるようです。葬儀社にとって利益が少ないからなのですが、

「葬儀はきちんとやった方が良い」とか

「後々、人間関係のトラブルが起きやすい」

なんて言ってきたりする所もあるようです。

そこで、ちゃんと自分の意思を貫けるならぜひ直葬をすべきでしょう。

だけど、「そんなに言われたら迷うなぁ」という方は直葬以外のプランも検討してみるのもアリだと思います。

 

 

 

※あくまでこれは参考ですが・・・

「今すぐにはお金は用意できない。だから今はとりあえず質素でもお葬式をして、

後日改めてお別れ会を開こう」

というのも可能です。

結婚式と披露宴を別に行うようなものですね。

 

よく芸能人が先に親族だけでお葬式を済ませたあとに

「お別れ会」「偲ぶ会」を開いてますよね?

何も有名人に限らず、わたしたち一般人もそうした会を開くことはできます。

 

とはいっても、

「費用はいくらくらいかかるの?」

「そもそもどうやって開催すればいいのかわからない」

という方がほとんどだと思います。

 

詳しくは偲ぶ会やお別れの会の流れ(式次第)ってどんなもの?服装は?会費は?

でも紹介していますが、やり方によっては費用を抑えることは可能ですし、

専門の業者や葬儀社に相談することで、しっかりサポートしてもらえます。

ご興味があれば、一度ご覧ください。

まとめ

ザッとお話ししてきましたが

直葬について理解が深まったでしょうか。

 

一口に直葬も葬儀社によって少しずつ違います。

火葬までは自宅安置が可能なところもありますから事前に確認しましょう。

自宅安置出来る場合は、そうでない場合に比べ少し価格が高くなる傾向があります。

ですが家族水入らずで過ごせる時間が増えるわけですから、

どちらを優先するかはあなた次第です。

 

直葬というのは、少しずつ知られては来ていますが、

まだまだ一般的になったとは言えません。抵抗のある方も多いです。

ですから、周りの方への配慮も含めて事前に準備しておくことが大切です。

 

直葬に興味がある、という方は早めに葬儀社に相談しておくと良いでしょう。

特に直葬というのは、それ自体がシンプルな分、葬儀社とその担当者のクオリティが

よりハッキリと現れます。

ただ安く済みそうだからと、よく考えずに頼むのではなく

しっかりと相談、打ち合わせたうえで行う事をおすすめします。

 

葬儀社との相性が重要になるのですから、

一社だけではなく複数の葬儀社を比べることが大事です。

 

数ある葬儀社を自分で探して連絡するのでは、手間と時間がかかります。

しかも、一般人でお葬式に関する知識がある人はなかなかいません。

複数の葬儀社を比較する中で分かっていくのが1番です。

 

当サイトでは、葬儀社一括見積もりサービスの利用をすすめています。

 

見積もりをとったから、資料請求をしたからといって

あなたに合わないな・・・と感じたら契約する必要はありません。

 

当サイトおすすめの葬儀社見積もりサービスはこちらです。

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介/東証一部上場の鎌倉新書【いい葬儀】

安いお葬式をしたいと考えるなら、あなたに合う葬儀社選びが大切です。
たとえ安くても、あとでトラブルが起きては台無しです。

とはいえ、あなたに合う葬儀社を自力で探すのはとても手間がかかります。
そこでぜひ使ってほしいのが、無料でできる葬儀社一括見積りサービスです。

業界最大手の「いい葬儀」なら24時間365日、日本全国に対応しており、提携する葬儀社はなんと1000社!!
長年の実績と経験から、あなたの予算や希望に合った葬儀社を紹介してくれます。

特に「いい葬儀」は緊急時の対応に強いと評判です。

「最大3社」見積もり可能とありますが、紹介された葬儀社に納得いかなければ
さらに紹介してもらうこともできます。

今なら公式ページから見積もり請求すればAmazonギフト券のプレゼントキャンペーン中!

葬儀社選びに失敗したくないなら、
「いい葬儀」がオススメ!

全国、24時間、365日葬儀の専門家に相談が出来る!【葬儀レビ】

公式サイトから、あなたの予算や希望を入力すると
あなたに合う葬儀社を紹介してくれます。
もちろん、納得いく葬儀社に出会えなかったら
断ることも可能です。

今ならうれしいキャッシュバック制度もあります。
まずはお気軽に相談からはじめましょう!