お葬式の供花、相場はいくら?贈るマナーについて解説します

知っておきたい

お葬式には、様々なマナーやしきたりがあります。香典の相場や葬儀の流れ、焼香の手順などなど・・・今回はその中でも「供花」について、喪主と参列者それぞれの立場からまとめていきます。

先に参列者からの話をします。喪主については目次から「喪主から見た供花について」をクリックするとジャンプします。

供花とは?

まずは供花についての基本的なところから見ていきます。

供花は「きょうか」「くげ」と読み、故人にお供えする花のことです。故人の霊を慰めるため、そして贈る方のお悔やみの気持ちを表すものです。さらに、祭壇や斎場を飾る意味も含みます。

ちなみに、供花を1つ贈るときは「1基」と数え、同じ名前で2つの供花を贈るときは「1対」と数えます。本来なら2基合わせて1対として贈るものだったのですが、斎場のスペース確保などもあって、1基のみ贈るケースが増えています。

関西では「樒(しきみ)」を贈る場合も

関西では供花のかわりに「樒(しきみ)」を贈る場合があります。なので、関西でお葬式を行う場合は念のため確認しておくと良いでしょう。

【関西と関東】お葬式のマナーの違いとは?
自分が生まれ育った土地を離れて暮らす人にとっては、その地域では当たり前にされている風習でも知らないことはたくさんあります。私の出身は関西ですが、親族が関東や九州にいます。同じような境遇の方も多いかと思います。関西と九州は西日...

参列者から見る供花の手配について

供花を贈りたい!と思ったときに、注意すべき点をまとめています。

供花を贈ってもよいのか確認する

まず大事なのは、供花を贈っても良いのかどうかを確認するということです。訃報の連絡があった際に「ご厚志お断り」や「供物・供花お断り」などが明示されていれば、贈らないのがマナーです。

それ以外の場合でも、まずは喪主に「供花を贈ってもよいか」を確認するようにしましょう。斎場のスペース確保や飾る手間など、喪主にとっては負担も増えます。ですので、一方的に贈るのは失礼にあたります。

また、贈る場合には以下のことに気を付けます。

・葬儀の宗教や宗派に合った花を選ぶこと

・通夜や葬儀・告別式の当日までに贈ること

宗教に関しては後ほど解説します。贈るタイミングですが、通夜や葬儀・告別式に間に合わなかったり、式の始まる直前に届くようなら贈るのはやめた方が良いです。

特に式の始まる直前に届いてしまうと、ただでさえ忙しい喪主の手間がさらに増えてしまいます。

札名について

札名とは、誰から贈られた供花かを表す名札のことです。

会社から贈る場合は、略称ではなく正式な社名・肩書・代表者名を明記します。部署単位で贈る場合は「株式会社○○ 製造部一同」のようにします。

個人で贈る場合は個人名を明記して贈りますが、可能なら周りの方と一緒に贈る方がよいです。個人で供花を贈ってしまうと、供花の数が増えて喪主の負担が大きくなるからです。

周りにも供花を贈ろうと考えている方がいれば、連名で贈ることをオススメします。ちなみに連名の場合、地位の高い人から順に名前を書くか、地位に差がなければ「友人一同」のようにします。

宗教からみる供花のマナー

供花は宗教や宗派によって異なってきます。良かれと思って贈ったのに、実はマナー違反でした・・・なんてことがないように、宗教(宗派)別に供花のマナーを見ていきましょう。

仏教の供花について

菊やユリがよく選ばれます。洋花ではデンファレやカーネーションもよく利用されるようです。

花の色は、白を基調とした薄い色が好まれます。籠盛りといって、かごにお花をいっぱい飾ったものが一般的ですが、斎場のスペースがあるならフラワースタンドというタイプも人気があります。

神道の供花について

神道も仏教と同じように、菊やユリなどが選ばれます。以前は「榊」がよく使われていたようですが、最近では祭壇に飾ったり、斎主が榊を供えるようになっています。

キリスト教の供花について

キリスト教における供花は、仏式や神道のような「お悔やみの気持ち」を表すものではなく、「故人を華やかに送りだすこと」が目的です。ですので、供花に札名をつけません。

またキリスト教では「生花」を使い、主にユリやカーネーションが選ばれます。

供花の相場は?

では、供花の一般的な相場はいくらでしょうか?

1基10,000円、1対20,000円が目安

1基7,500円~15,000円、1対ならその倍の15,000円~30,000円となります。目安としては1基10,000円、1対で20,000円程度で考えるとよいでしょう。

贈る斎場のスペースも考慮して、1基にするか1対にするかは喪主に確認してから決めましょう。

また、籠花の場合なら5,000円~20,000円ほどになります。

供花はどうやって贈るのか?

供花を自分で用意するというのは、現実的ではありません。そこで葬儀社、もしくは花屋に依頼します。

ただ花屋に依頼すると、宗教・斎場のスペースや祭壇のデザインなどで飾れる花に指定がある場合など、細かな点が分かりません。ですから、基本的に葬儀社へ依頼するのが一番です。

代金は参列日当日に葬儀社へ直接支払うか、後日支払いが一般的です。

喪主から見た供花について

喪主からみた供花についてですが、まず大切なのは「供花を受け取るかどうか」を参列者へハッキリとお知らせすることです。

ここまで見てきたように、受け取るかはっきりしないと供花を贈る側が迷ってしまいます。また供花を受け取る場合は、喪主側の負担が増えることになりますから、それを見越したうえでお葬式の準備をしなくてはいけません。

供花のお礼について

供花を贈ってもらった方へは、出来るだけ早くお礼状を送ります。品物は必ず贈らなければいけないわけではありませんが、もし贈るなら「供花の1/3~1/2の金額の品物」にします。

品物は石鹸やお茶、お菓子などの「消えてなくなるもの」がよく選ばれます。そのほかにはタオルやハンカチなども人気です。

まとめ

供花については、贈る側も受け取る側も知っておくべきマナーがあります。ただ最近ではお葬式の規模も縮小傾向にあるので、供花を贈らない場合が増えてきています。

そういった流れも含め、供花を贈る際には周りへの気遣いを忘れずにしましょう。