お葬式は安い!?格安のお葬式って本当にできるの!?

私は2019年2月に叔父のお葬式を行いました。その体験からもお葬式を安くすることは十分可能と言えます。
結論から言いますと、生前からお葬式の準備をすることでお葬式は安くできます。

私は喪主である父を手伝うため、事前にお葬式の見積もり及び相談をしてからお葬式に臨みました。

叔父がまだ生きているうちからお葬式の準備を始めたのです。

 

生前からお葬式の準備、そして実際にお葬式を行うという経験を通して分かったこと。

それは、生前からお葬式の準備を進めていくことは、次の3つのメリットがある、ということです。

お葬式を安くできる

お葬式の準備や当日も冷静に行動できる

お葬式に関わるトラブルを防ぐことができる

 

特に私のようにお金に余裕のない者にとって、「①お葬式を安くできる」というのがとても助かりました。

当サイトでは、これからお葬式をする可能性のある方に、知っておくと役立つことをまとめていきます。

 

ではまず、具体的に先ほど話した3つのメリットについて見ていきます。

目次

お葬式一括見積りの3つのメリット

①お葬式を安くできる

実際のところ、生前のお葬式の準備をおススメする最大の理由がコレです。

 

葬儀社の一括見積もりをして費用の相場を知ること、これがお葬式を安くすることにつながります。

何故か?お葬式の相場を正しく知ることが出来るからです。

 

そもそも多くの方は、大切な方が亡くなってからあわててお葬式の見積もりをします。

当然、冷静な判断が出来る状況ではありません。

その心理状態(悲しくてしっかり考えられない、急いでお葬式の手配をしないといけないという焦り)では見積もり金額が適正かどうか分からないんです。

 

するとどうなるか?葬儀社に「お任せします」ということになってしまいます。

葬儀社がオプションをつけようとしても、お葬式に関する知識もないから本当に必要かどうかは分かりません。

なので「(葬儀屋さんが言ってるから間違いないだろうし、)お任せします」でどんどん見積もり金額が増えてしまいます。

 

そして後で振り返ったら、「結局あれいらなかったよね」になる・・・というトラブルが多発しているそうです。

※お葬式のトラブルについては、お葬式のトラブルについてという記事にもまとめてあります。

 

事前にお葬式の見積もりをすることで、相場以外にもお葬式に関する知識が増えていきます。

自分が望んでいるお葬式に必要なものが分かります。

すると「あの会社は安いけど、希望するお葬式をしたかったら追加料金が必要だな」「この会社は○○をおススメするけど、うちには必要ないよね」というようなことが判断できるようになります。

しかもすぐにお葬式をするわけではないから、きちんと検討する時間もとれます。余裕を持って判断できます。

②お葬式の準備や当日も冷静に行動できる

先ほど①のメリットでも話したことですが、ちゃんと準備する時間があれば本当に必要なものは何か?ということが冷静に判断できますよね。

もちろん、色んな葬儀社を比べてじっくり検討することもできます。サービス内容はいいんだけど、担当者がどうも合わないな・・・という場合もあれば、その逆もあるでしょう。

「ご臨終です」と言われてからあわてて葬儀社を探していては、あなたに合う葬儀社に出会えるかはわかりません。

ちなみに事前に準備していた私の場合でも、相当バタバタしました。

お葬式の準備以外にも、親戚への連絡や訪問対応など、やることはかなりあります。

何も準備していなかったら、例えば病院で亡くなった場合、短い時間の中で搬送する葬儀社を探さなければいけません。

そんなバタバタの中でお葬式当日を迎えるわけです。

冷静に、といっても無理があるでしょう。

 

なので、事前にできることはやっておくべきだと思います。

お葬式でいえば、前もって葬儀社を決めておくということですね。

③お葬式に関わるトラブルを防ぐことができる

ここまで話したことと重複しますが、依頼する葬儀社をちゃんと選ばないとあとでトラブルの元です。

たとえば、焦ってよくわからない格安の葬儀社を選んだけど遺体の扱いがあまりに雑だったとか、不必要なオプションのせいで数十万円も損した、なんていうトラブルがあるわけです。

葬儀社をきちんと選んでいれば防げたはずのトラブルばかりです。

 

私の場合は、特にトラブルなく気持ちよく終われました。

お葬式はやり直しがききません。ですから私は葬儀社をちゃんと選んでよかったと思っています。

実際に私が使った、お葬式の無料一括見積りサービス

私が使ったのは、いい葬儀葬儀レビというサイトです。

ですが、最終的に依頼する葬儀社を紹介してもらったのは「いい葬儀」の方でした。

公式サイトに電話番号が書いてあるので直接電話してもいいのですが、私はトップページの「カンタン!見積もり請求はこちら」というところから必要な情報を入力して、メールでの見積もりを依頼しました。

「いい葬儀」「葬儀レビ」については下の詳細ページあるいは公式ホームページをご覧ください。

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介/東証一部上場の鎌倉新書【いい葬儀】

当サイトが1番におススメしたい葬儀社見積もりサイトです。
長年の実績から、安心して任せられる葬儀社を紹介してくれます。

安いお葬式をしたいと考えるなら、あなたに合う葬儀社選びが大切です。
たとえ安くても、あとでトラブルが起きては台無しです。

とはいえ、あなたに合う葬儀社を自力で探すのはとても手間がかかります。
そこでぜひ使ってほしいのが、無料でできる葬儀社一括見積りサービスです。

業界最大手の「いい葬儀」なら24時間365日、日本全国に対応しており、提携する葬儀社はなんと1000社!!
長年の実績と経験から、あなたの予算や希望に合った葬儀社を紹介してくれます。

特に「いい葬儀」は緊急時の対応に強いと評判です。

「最大3社」見積もり可能とありますが、紹介された葬儀社に納得いかなければ
さらに紹介してもらうこともできます。

今なら公式ページから会員登録すれば、Amazonギフト券最大30,000円分プレゼントの他、葬儀社ごとに割引サービスなどが受けられるようになります。

葬儀社選びに失敗したくないなら、
「いい葬儀」がオススメ!

全国、24時間、365日葬儀の専門家に相談が出来る!【葬儀レビ】

公式サイトから、あなたの予算や希望を入力すると
あなたに合う葬儀社を紹介してくれます。
もちろん、納得いく葬儀社に出会えなかったら
断ることも可能です。

今ならうれしいキャッシュバック制度もあります。
まずはお気軽に相談からはじめましょう!

※とにかく一番安いお葬式がしたい!!格安葬儀社紹介サービスについて

私が使った一括見積りサービスでは、予算に合った安いお葬式をすることができました。ですが、もっと安く、とにかく安いお葬式がしたいという方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、全国一律の格安葬儀が可能な葬儀社紹介サービスがあります。安さを重視される方にオススメです。

日本一選ばれている葬儀ブランド「小さなお葬式」
小さなお葬式 新バナー

メディアでの紹介事例も多い「小さなお葬式」。
事前申し込みで葬儀費用が割引される「早割」制度が今なら無料でできます!

格安・定額葬儀の先駆けとなった「小さなお葬式」は全国4,000箇所以上の葬儀場と提携しており、
「近くの葬儀場でお葬式がしたい」という希望も叶います。

全国対応!!最安のプランなら12.8万円から可能な格安葬儀 「よりそうのお葬式」

全国対応可能な格安葬儀「よりそうのお葬式」。
最近出た一番シンプルなプランなら最安128,000円から!!

さらに、定額かつ低額の僧侶手配も可能です。
葬儀費用と並んで高額出費となりがちな寺院への支払いもグッとおさえられます。

お葬式の内容に満足できなければ「全額返金保証」もついていて、安心ですね。

格安・定額・全国対応の「心に残る家族葬」
心に残る家族葬

「心に残る家族葬」では、全額返金保証付きの「直葬」プランがあります。
全国対応・定額プランのみだから、急いでお葬式の手配をしなければならなくても迷わずすみます。

お葬式の無料一括見積もりって?

そもそもお葬式の無料一括見積りとは何か?ということから話していきます。

引っ越しの一括見積りを利用してことがある方ならイメージしやすいと思います。引っ越しをしたいと思った時に、一括見積りを依頼すると無料で数社から見積もりをもらえるというサービスです。

お葬式の無料一括見積りサービスもこれとよく似ています。

私が実際にやった一括見積りでは、引っ越し見積もりのようにガンガン電話がかかってきたり、バリバリ値下げされる、ということはありませんでした。

私が最終的な葬儀社を選んだ「いい葬儀」の一括見積りを依頼する際は、電話番号を記入する欄がありましたが、「営業の電話は一切いたしません」と書かれていました。

(ちなみに引っ越し業者の場合、見積もりを依頼したとたんにガンガン電話がかかってきて、さらに他の会社の見積金額を聞かれて、「○○社が△万円なら、うちはそれより□万円割引しますよ!エアコン取り外しも1台無料にします!」などなど、こちらがびっくりするくらい安くしてくれますよね。)

一括見積もりの目的は?

先ほど書いた葬儀社の一括見積りの3つのメリットの中にもありますが、葬儀社の一括見積もりをする一番大事な目的は、「相場を知る」ということです。

私たちの望むお葬式をしようと思ったら、複数の葬儀社から見積もりをとって、いくらかかるものか?をまず知ることから始まります。

そして相場を知ることで、予算の範囲内で何ができるか?

どの葬儀社に頼めば良いか?ということを比較検討できるのです。

実際、お葬式は安い!?

このサイトを見ている方の多くは、お葬式の費用をおさえたいと考えておられるでしょう。

だけど、「お葬式はとにかく安ければいい。内容はどうでもいいんだ」と考える方は少ないでしょう。

 

「別に、お葬式代金をケチってるわけじゃない。だけど、これからの生活を考えると、出来るだけ費用は抑えたい。」というのは、とても自然な考え方ではないでしょうか。

お葬式は人生の中でもかなり高い買い物です。

だから、本当にあなたや周りの方にとって、金額を含めて納得のいくお葬式をしたい、と考えるのは自然なことです。

そもそも従来のお葬式は何が問題なのか?

これまでの一般的なお葬式の特徴とはいったい何でしょうか?それは、

①親しい親族や友人以外に、いわゆる「義理」で参列された方にも対応する必要がある

②葬儀費用が高くなってしまう

ということです。

①親しい親族や友人以外に、いわゆる「義理」で参列された方にも対応する必要がある

まず一つ目の理由ですが、これまでのお葬式の形式だと故人の会社員時代の同僚など、遺族の方と直接関わりがない方も参列されます。

参列者自身は何も悪いわけではありませんが、お葬式を行う側からしたら、よくわからないお客様です。

 

大切な方との最期の別れの儀式であっても、そういったお客様への対応に気をとられ、結局バタバタして満足にお別れもできないままだった・・・ということもよくあります。

本来なら誰よりもお別れに集中したい遺族が、誰よりもほかの人に気を配らなければならないという矛盾があります。

②葬儀費用が高くなってしまう

そして、もう一つ。費用面から言っても、こうした予測できないお客様のための振る舞い料理や香典返しなど、事前に正確な予算が立てづらいのです。

 

結果どうなるかというと、

例えば50人参列すると見積もっても、実際には60人来ても大丈夫なように料理や会場の準備をすることになります。

こうして、どんどん最初に見積もった予算よりも金額が増えていってしまいます。これではお葬式を安くしたいと思ってもなかなか難しいですね。

その結果、「家族葬」が人気になってきました

なので、「本当に親しい人たちだけで集まればこうした問題も解決だ!」ということで、家族葬と呼ばれるスタイルのお葬式が人気を集めています。他にもいくつか理由はあるのですが。

ちなみに「家族葬」と言っても、家族だけしかお葬式に出席できないという意味ではありません。

故人と本当に親しい方だけでお別れしましょう、ということです。ですから故人の親友が参列しても構わないわけですね。

 

参列される方の間柄が分かっていれば、精神的にも余裕が出ます。そしてお別れに集中できるというわけです。

さらに参列者を限定することで、先ほどのように料理を大目に準備するといった無駄がなくなり、金銭面的にも余裕をもってお葬式ができます。

家族葬について詳しくは家族葬って安いの!?費用の相場はどれくらい?をご参照ください。

 

 

こういった従来のお葬式の形式を見直すことが費用を抑えるポイントです。

では具体的にお葬式を安くするにはどうしたら良いか?安くするコツをいくつかお話しします。

ぜひ参考にしてみてください。

お葬式を安くすませるコツ

あなたが今お葬式を検討しているなら、すぐに費用を安くする方法があります。

格安のお葬式なら「直葬」がおススメ

費用をとにかく安くしたいなら「直葬」にしましょう。

直葬は、近年人気のあるお葬式のカタチです。一般的なお葬式で行う通夜や告別式といった儀式を省略して火葬する、という形式です。

 

直葬について詳しく知りたい!という方は「最安」の直葬、火葬プランとは?をご覧いただくとして、ここでは簡単に直葬のメリットは何なのか?について見ていきます。

直葬はとにかく安い!!

直葬は、格安のお葬式をしたい、という方に人気です。

葬儀社のプランにもよりますが、安い所では10万円台で行うことができます。

最近では、都市部を中心に選ばれる方が多くなっています。

 

色んな儀式を省略する、と聞くと「亡くなった後は故人の顔も見れないのか?」と思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

とことん安くしようと思ったら、葬儀社に預かり安置してもらって最期までほとんど顔を見ることのないプランもあります。一方、自宅安置が出来るプランを選べば、じっくりと親族だけで過ごすこともできるプランもあります。

 

ただし、直葬では通夜・告別式といった儀式を行いませんから、直葬をしたいなら、周りの方の理解を得てからにしましょう。

後からトラブルになりかねませんから注意してください。

直葬は体力的負担を減らすことができる

高齢社会のこの時代、遺族や参列者も高齢化してきました。

通夜、告別式に参加するのがしんどいという方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、周りの方も気を遣うという意味で負担はかかります。

 

直葬では、様々な儀式を省略します。結果、お葬式の時間短縮につながるのです。

なので、体力的に不安のある方でも故人との別れに集中できます。

以上のようなメリットがあることから、直葬が注目されています。

とにかく格安のお葬式をしたい、と考えるなら「直葬」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

でも、やっぱりお葬式はちゃんといろいろ儀式をやってこそじゃないか?と考える人もたくさんいらっしゃいます。そうした方にとって直葬は選びづらいかもしれません。

 

では、他にお葬式を安くする方法はないのでしょうか?

読経・戒名について見直し(戒名はつけない?)

これについては故人や遺族の信仰にもよりますが、

必ずしもお坊さんに読経してもらったり、戒名をつけてもらう必要はありません。

読経はなくてもお葬式できます。

なんとなくお葬式って、お坊さんに読経してもらうのが当たり前と考えていませんでしたか?

別に何の決まりもないんです。

お経だってお坊さんに読んでもらう必要はありませんし、何ならあなたが読んでもいいわけです。

 

ちなみに、お葬式の規模によって読経料金(お布施)の相場も上がります。だいたい数万円から数十万円かかります。

ですから、読経をカットすればかなり葬儀代金は安くすむでしょう。

 

とはいえ、読経を辞めるとなると特に高齢者の方からの反発が予想されますが、検討の価値はあります。

戒名は本当に必要か?

また、戒名についてですが(宗派によっては法名や法号ともいいます)、そもそも戒名とは、出家した修行僧が仏の道に入った証につけてもらうものです。

ということは、何か信仰する宗教がない場合はつける必要がないものです。

もっと言えば、本当なら生前につけるべき戒名を、亡くなった後に仕方なしにつけているのです。私も最近までそうだったように、「戒名=死者の名前」と誤解している方も多いと思います。

「お気持ちで結構です」はかなり厄介

また、寺院側もあえて戒名代金を設定せずに「お気持ちで結構です」と言われることが多いです。

これがなかなか曲者です。この「お気持ち」がそれなりの値段しますから。

一般的にはお布施の中には戒名料金を含めて支払います。

 

直接お坊さんに値段について聞きづらいとは思いますが、葬儀社に聞いてみれば相場は教えてくれますので、遠慮なく聞いてみて下さい。

 

ちなみに戒名をつけると、その戒名のランクによりますが相場としては数万から数十万円、高いものになると百万円近くかかります。

 

私は戒名を否定するわけではありませんが、特に信仰する宗教がない方は、戒名は本当に必要か?を考えてみることをオススメします。

読経・戒名授与の定額サービスを利用する

 

ここまで読んできて、読経や戒名をつけてもらうことの問題点が、

「お寺(お坊さん)に支払う金額がはっきりしない」

ということに気づきましたか?

私個人としては、私のお葬式にはお坊さんを呼んでもらわなくてもいいと思っています。ですがそんなことを言ったら、おそらく周りから反対されるでしょう。

 

やっぱりお葬式にはお坊さんに来てもらわないとしっくりこない、という方がほとんどです。

だけど、お葬式の費用は出来るだけ安くしたいとも思う・・・

そういったニーズに応えるため、定額(低額)でお坊さんに読経してもらったり戒名をつけてもらえるサービスが登場してきました。

これなら今まではっきりしなかったお布施代が明確になるので葬儀代金の予算も立てやすいですよね。他にも、これまでお寺に関わりがなくても依頼できるというメリットがあります。

 

もちろん、このサービスを使ったからといって、檀家にならないといけないということもありません。詳しくは↓記事を参照してください。

戒名はいらない!?

お葬式を安くする方法は何となくわかったけど・・・

ここまで見てきたように、お葬式を安くする方法があることは分かっていただけたでしょうか。

とはいえ、「じゃあ次に私は何をすればいいのか?」と悩む方もいらっしゃると思います。

お葬式と一言でいっても、故人や遺族の意向、周りの環境、そして何より依頼する葬儀社によって本当に違ってきます。

 

ではあなたが望むお葬式をするためにはどうしたらいいのか?

大切なのは、あなたに合う葬儀社を選ぶことです。

あなたに合う葬儀社とは、あなたの予算・宗教・故人や親族の希望をきちんと理解して、それをあなたに分かりやすく提案してくれる葬儀社のことです。

 

費用をおさえたいという希望を伝えたのに、「○○のオプションを付けた方が、立派なお葬式が出来ます。みなさん追加されますよ」

なんて提案してこられても困りますよね。

 

さらに、あなたの気持ちに寄り添ってくれない葬儀社もダメです。誰もが不安を抱えながらお葬式について相談するわけです。

 

そんな中で、ガンガン売り込みをかけてきたりするような担当者のいる葬儀社を信用できますか?

お葬式は、非常にデリケートな問題です。

だからこそ、担当者の「人間性」、つまりその葬儀社のお客さんに対する姿勢というのは非常に重要です。

 

例えば、担当者は清潔感があって気持ちよく対応してくれるか?分からないことはきちんと教えてくれるか?

そういう人間性が、お葬式の内容にモロに出てきます。相談する際には、注意してください。

 

さらに、葬儀社との付き合いは長期間に渡ります。お葬式が終わったら、ハイおしまいというわけにはいきません。その後の事務手続きや法要など、むしろお葬式が終わってからの方が色々とやりとりをすることになります。

こんな風に考えていくと、長い付き合いになる葬儀社選びは、真剣に取り組むべきです。

 

実際、お葬式に関するトラブルが毎年多発しているのですが、それは正しい葬儀社を選べば防げることが多いのです。

 

お葬式のトラブルについて詳しくは

お葬式を相談する葬儀社、ちゃんと選ばないとトラブルの元!!ですをご覧ください。

自分に合った葬儀社を選ぶ方法・・・?

葬儀社は日本全国に数百社もあります。地域密着型もあれば、全国展開する大手もあるので、あなたに合う葬儀社って言われても・・・

どうやって選んだらいいのか分からないですよね。

自分で一つ一つ葬儀社を調べて連絡して、なんてことをやっていては、時間がいくらあっても足りません。

もっと効率よく、しかもあなたの希望に沿った葬儀社を調べる方法としておススメしたいのが、

無料の葬儀社一括見積もりサービスです。

 

ネットからあなたの予算や希望などを入力すると、あなたに合う葬儀社の見積もりがもらえるんです。そこから実際に連絡をとって打ち合わせるも良し、資料請求だけするも良し、です。

そして、紹介された会社に決める必要はありません。見積もりの内容、あるいは担当者に不満や不安があれば、きちんとお断りできます。

「断っても、その後にしつこく営業してきたりするんじゃ・・・」という心配も無用です。

 

余裕を持ってお葬式の準備をする人は、なかなかいないです。

ということは、いざお葬式の準備をしようという時には、かなり切羽詰まった状況の方が多くなります。

それならなおさら効率よく動かないといけません。

事前に準備をする場合でも、急いで手配しないといけない場合でも、見積もりサービスを利用すれば効率的に動けます。

 

急いで葬儀社を手配しないといけない、というような緊急事態のときは冷静な判断が難しいですよね。

 

よく検討しないまま、慌てて依頼した葬儀社と、後からお金の問題をはじめ、様々なトラブルが発生するのはよくある話です。

そもそもお葬式の準備は悪いことなの?

ほとんどの方はお葬式に参列したことはあっても、喪主あるいはその親族としての立場の経験はありません。それはあなただけではなく、皆さんそうです。

 

だから実際のことがよくわからない、いざという時にどうしたらいいのか分からない、というのは当然です。

 

分からないなら調べれば良いのですが、多くの方はこれが出来ていません。

何故か?

「まだ生きているうちからお葬式について考えたり準備するなんて縁起でもない」

「大切なあの人が死ぬなんて考えたくない」

という方が多いからです。

葬式について考える、準備するということは、つまり誰かの「死」を考え、誰かの死を前提とするということ。

 

最近では少しずつ薄れてきたとはいえ、やはり年配の方を中心に「縁起でもない」という考え方は根強く残っています。

 

そういったことも重なり、お葬式についての知識は、自分から積極的に得ようとしないとなかなかわかりません。

 

すると、お葬式の費用についても、悪く言えば葬儀社の言いなりにしかできなかった、という事情があります。

 

ですが、近年インターネットの登場や情報開示を良しとする風潮になってきたこともあり、これまでブラックボックス化していたお葬式の費用についても、一般の方にも情報が届きやすくなりました。

と言っても、まだまだ世間一般にお葬式の知識が広まったとは言えません。

確かに情報量は増えましたが、人々の意識は急には変わりません。

ひょっとしたら、積極的にお葬式の情報を得ようとしているあなたを見て、まゆをひそめる方もいるかもしれません。

 

ですが、あなたがお葬式の情報を知ろうとするのは何のためでしょうか?

単に費用がどれくらいなのかなぁ?

という興味だけで調べているわけではないですよね。

当事者目線で、費用をどうやって捻出できるか、とか

お葬式の後の生活のこと、とか

何より今あなたが心配している方への思いやりからとった行動ではないでしょうか?

 

それは決して非難されるものではないです。

 

むしろ、「縁起でもない」と言いながら何も準備せず、いざその時が来て冷静な判断もできないまま後から悔やむよりはずっとマシです。

 

そして、実際そうやって後悔する方は後をたたないのです。

だったら前もって準備すべきですよね。

 

インターネットが発達したおかげで、直接葬儀社に電話したり出向いたりしなくても、お葬式に関する情報は得られるようになりました。

 

世間の意識が変わるのを待つよりは、あなたのようにどんどんネットを使って情報収集を進めていく方が、賢いやり方だと思います。

 

で、実際にお葬式にはどれくらいかかるの?

日本消費者協会というところが、

定期的に葬儀費用に関するアンケート調査を実施しています。

それによると、2017年の調査結果では

平均して200万円近くかかるそうです。

 

あなたはどう思いますか?

私は「200万円!?高い!」と思いました。

なので、何とかお葬式を安くしたいなと思って調べてみると、

平均200万円という調査結果が、信用できないという結論に至りました。

詳しくは↓記事をご覧ください。

葬式の相場は200万円?それ、信じちゃいけません!!

 

ですから、この金額を引用して

「みんな相場はこれくらいですよ」なんていう所は要注意ですね。

 

そうではなく、あなたの予算や希望にそったプランを提案してくれる葬儀社を選びましょう。

まとめ

葬儀社と一口に言っても、全国に大小さまざま数百社以上あります。

もちろん、それぞれ会社ごとにサービス内容も違います。

 

だからこそ、本当にあなたや家族が望むお葬式ができるのかどうか、

という点から葬儀社を選ばないと悔やんでも悔やみきれません。

お葬式はやり直しがききませんから。

 

 

お葬式は故人の最期に触れ合う大切なイベントです。

そして同時に、お金のかかるイベントです。

 

いざという時は必ずやってきます。

「備えあれば憂いなし」

 

何度も繰り返しますが、

お葬式の準備は冷静な判断ができるときに、少しずつ進めていくのが1番です。

創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介/東証一部上場の鎌倉新書【いい葬儀】

当サイトが1番におススメしたい葬儀社見積もりサイトです。
長年の実績から、安心して任せられる葬儀社を紹介してくれます。

安いお葬式をしたいと考えるなら、あなたに合う葬儀社選びが大切です。
たとえ安くても、あとでトラブルが起きては台無しです。

とはいえ、あなたに合う葬儀社を自力で探すのはとても手間がかかります。
そこでぜひ使ってほしいのが、無料でできる葬儀社一括見積りサービスです。

業界最大手の「いい葬儀」なら24時間365日、日本全国に対応しており、提携する葬儀社はなんと1000社!!
長年の実績と経験から、あなたの予算や希望に合った葬儀社を紹介してくれます。

特に「いい葬儀」は緊急時の対応に強いと評判です。

「最大3社」見積もり可能とありますが、紹介された葬儀社に納得いかなければ
さらに紹介してもらうこともできます。

今なら公式ページから会員登録すれば、Amazonギフト券最大30,000円分プレゼントの他、葬儀社ごとに割引サービスなどが受けられるようになります。

葬儀社選びに失敗したくないなら、
「いい葬儀」がオススメ!

全国、24時間、365日葬儀の専門家に相談が出来る!【葬儀レビ】

公式サイトから、あなたの予算や希望を入力すると
あなたに合う葬儀社を紹介してくれます。
もちろん、納得いく葬儀社に出会えなかったら
断ることも可能です。

今ならうれしいキャッシュバック制度もあります。
まずはお気軽に相談からはじめましょう!